Profile

中矢美里  Misato Nakaya

 

愛媛県出身。3歳よりピアノを始める。

上野学園大学演奏家コースに特待生として入学。
上野学園大学演奏家コース成績優秀者による卒業演奏会出演(2014年)
 
第22回ピティナピアノコンペティションA1級四国本選第3位。
全国大会入選。(1998年)
第23回ピティナピアノコンペティションA1級全国決勝大会金賞第一席。併せて審査員特別賞、並びに読売新聞社賞受賞(1999年)。
第24回ピティナピアノコンペティションC級 北九州本選第2位。
日本ピアノ教育連盟主催ピアノオーディションB,C部門全国大会出場(2006、2008年)。
第12回大阪国際音楽コンクールコンチェルト部門全国大会エスポアール賞(2011年)。
春のパリ音楽祭(2012年)に参加し、アンリ・バルダ、アンネ・ケフェレック、秦はるひの各氏のレッスンを受講。
修了コンサートに出演する。
 日本香港国際コンクールヤングアーチスト部門にて金賞受賞。プロフェッショナル部門第三位。(2013年香港)
その結果により、輝いた市民に贈られる輝き松山大賞受賞。(2014年)
また2015年にTV朝日系列「お願いランキング」のピアノ早弾き企画に出演、完全奏破し優勝する。(2015年)
これまでにピアノを井上祐子、藤井睦子、碓井俊樹、横山幸雄、星子知美、秦はるひの各氏に師事。
室内楽を、原田禎夫、松本健司、下野竜也、今井信子、堀江真理子の各氏に学ぶ。
また、伴奏法を佐藤美枝子、手嶋眞佐子の各氏に学ぶ。
全額免除特待生として尚美学園大学大学院芸術情報研究科に入学。(2014年)
大学院の学内代表としてヤマハ銀座で行われたニュージェネレーションコンサートに出演する。(2014年) 
その翌年、学年代表として尚美学園大学交響楽団とラヴェル作曲「ピアノ協奏曲 ト長調」を演奏。(2016年)
全額免除特待生として尚美学園大学大学院芸術情報研究科卒業、ピアノを故白石隆生教授に師事。(2016年)
ベルギーで行われた夏期講習に参加。修了コンサートに出演。
フランス・ニースの講習会に参加し、秦はるひ、オリビエ・ギャルドン氏に師事。修了コンサートに出演(2017年)
第20回国際デュオ協会 国際デュオコンクール全国大会入選。(2017年)
現在、ピアノ教室で後進の指導に当たりながら、自身も演奏活動を続けている。
(社)全日本ピアノ指導者協会正会員。



指導歴
2017年第41回ピティナピアノコンペティションに生徒を初参加させる。
この年4名出場し、A1級本選優秀賞・C級本選奨励賞輩出。
2017年第8回バッハコンクールにて全国大会 銀賞を2名輩出。(小学1.2年の部・小学3.4年の部)
2018年に二年目にして最短記録・最年少(26歳)でピティナピアノコンペティション指導者賞受賞。
2018年第42回ピティナピアノコンペティション本選第1位、全国決勝大会 銀賞 を輩出。(A1級)
2018年ベートーヴェン国際コンクール 全国大会 銀賞を2名輩出。(小学生の部)
2018年第9回バッハコンクール 全国大会 金賞を2名輩出。(小学1.2年の部・小学3.4年の部)
2018年第20回ショパン国際コンクールin Asia 全国大会 金賞を輩出。アジア大会入選。(幼児の部)
2018年第11回グレンツェン・ピアノコンクール 全国大会へ輩出。(小学5.6年の部)
2019年第11回グレンツェン・ピアノコンクール 全国大会優秀賞 受賞。(小学5.6年の部)
グレンツェンピアノコンクール指導者賞を受賞、月刊ショパン9月号に掲載される。
2019年第43回ピティナピアノコンペティション本選第2位、全国大会入選を輩出。
二回目となる、指導者賞を2年連続受賞。
2019年第10回バッハコンクール 全国大会銀賞を輩出。(幼児の部)
2019年ブルグミュラーコンクール全国大会銀賞を輩出。(小学5.6年の部)
2019年第21回ショパン国際コンクールin Asia全国大会 金賞を2名輩出。アジア大会入選。(幼児の部)
2020年 第4回ベートーヴェン 国際コンクールASIA全国大会 銀賞を2名輩出。(小学1.2年の部)
この年、秦はるひ氏、井上祐子氏よりご推薦頂き、
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会の正会員となる。
2020年第22回ショパン国際コンクールin Asia全国大会 金賞1名、銀賞2名、銅賞1名、奨励賞1名輩出。アジア大会銅賞2名輩出。(1,2年の部&5,6年の部)
2020年ブルグミュラーコンクール ファイナル 金賞1名、銀賞2名、銅賞2名 輩出。(幼児B,1,2年A,B)
2020年第11回バッハコンクール 予選最優秀賞、全国大会奨励賞 輩出。(1,2年B)
2020年第14回ベーテン音楽コンクール 全国大会 ベスト10賞、ベスト20賞 輩出(低学年自由曲コース)
2021年 第5回ベートーヴェン 国際コンクールASIA全国大会 銅賞を1名輩出。(幼児の部)

      


新山 茜   Akane Niiyama
東京都立芸術高等学校、上野学園大学音楽学部音楽学科演奏家コースを経て、同音楽専攻科卒業。全額授業料免除特待生として入学。在学中特待生。
第4回フレッシュ横浜音楽コンクール銅賞。第24回市川市文化振興財団新人演奏家コンクールピアノ部門最優秀賞。第10回東京音楽コンクールピアノ部門入選。
第15回日本ピアノ調律師協会新人演奏会、第84回読売新人演奏会に出演。
東京フィルハーモニー交響楽団(円光寺雅彦指揮)と共演。
これまでに、横山幸雄、田部京子、植田克己、川田健太郎、大西真由子、矢野裕子、J=J.バレの各氏に師事。
「河口湖 音楽と森の美術館」にて定期的に演奏活動を行う。
上野学園大学伴奏要員、日本クラシック音楽コンクールの審査員を務める。
一般社団法人全日本ピアノ指導者協会演奏会員。